COMMENTS

THE FISH
通称フィッシュ、GIBSONのM-Ⅲだ。 ヘッドの裏にはプロモートオンリーの刻印がはいっている。 1994年4月19.20日T.UTU with The BAND武道館公演のときにUSA GIBSONにM-Ⅲの普及を頼まれ、USA GIBSONとエンドース契約。

先に掲載した奴と2本頂いた。


フィッシュの由来は、、
ニューヨークで流行ってるステッカーとかいうものが、魚に見えたので勝手にそう呼んでいる。  もともとは頂いた2本を見分けるため。 
しかしその直後、M-Ⅲ自体の米国での製造が打ち切りになり、西麻布にあったJAPAN GIBSONも撤退。  リアはダンカンの59’に変えてある。 トレモロユニットもシャーラー制の物に変えた。 オリジナルはGIBSON のロゴ入りブラックだった。
日本で使ってるのは僕ぐらいじゃないかな、という希少価値と、腐ってもGIBSONのしっかりした作り。
今年はハウンドドッグの年越しにこいつを使ったのでこいつとともにスタート、大事にしていきまっせ。

このギターが発売された背景にはgibsonの販売不振があった。 
当時、レスポールなどのスタンダードなギターが売れず、変形ギターやシャーベル、ジャクソンといったヘヴィロック用のギターが一世風靡。 ギブソンも泣く泣くM-Ⅲを作った。 が、純粋なギブソンファンからはギブソンのやっちゃいけないモデルとして認識されたうえ、猛烈なオールドブームでレスポールが大復活。 
M-Ⅲはギブソンの歴史の中で邪魔者となったのでした。。
| 葛城哲哉 | 11:01 | comments (x) | trackback (x) | |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019/10 次月>>
ARCHIVES
SEARCH
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS