COMMENTS

デビュー18歳
昭和54年3月21日、いわゆる54321の消印のある合格通知が届いた俺!  

そのころから、いわゆる、もっていた、わけであるが、もっていないものがあった。

電動シェーバーだ。

秩父神社を出て左に行くとジョナサンがある。その交差点を挟んで対面に合ったデパートなのだが、名前が思い出せない。

矢尾(いまも秩父にあるデパート)ではない。  

ただ、そのデパートの階段を上って、初めての俺専用電動シェーバーをおふくろに買ってもらったことだけは鮮明におぼえてる。

当時の階段の薄暗さは今の節電のようだった。  

そして今、節電で薄暗い電気屋で、一人暮らしを始める娘のスマホの充電器を探している。

おふくろはこういう気持ちだったのか。   

いつまでたっても、未経験のゾーンがやってくる。

先を歩んでいるじいちゃん、ばあちゃんをやっぱ尊敬せんといけんね。  

俺はまだ、大切な家族を失った経験がない。

震災で、大切な人を失った人達の気持ちは、理解したふりをしても到底俺には理解できてないだろう。

ただ、尊敬の念をもって接するようにしなければ。 

きょうは葛城哲哉としてのデビュー日だったらしい。 Bird in the rainの発売日。

今年でデビュー18歳。  シェーバー買ってもらったときが人生18歳だったよ。







| 葛城哲哉 | 23:25 | comments (16) | trackback (x) | |
CALENDAR
Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019/10 次月>>
ARCHIVES
SEARCH
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS